防風通聖散を飲む際に気をつけるべきポイントとは?|Beauty Care
HOME>Topics>防風通聖散を飲む際に気をつけるべきポイントとは?

脂肪を落とす漢方

最近、お腹周りの脂肪がどんどん増えてきた、高血圧になった、などの症状で悩んでいる方はいませんか?そんな方におすすめなものがあります。漢方です。漢方は中国からやってきた医薬品です。もちろん。肥満に効果のある漢方も存在していて、それが防風通聖散です。皮下脂肪にはもちろん、内蔵脂肪も燃焼させますよ。しかし漢方と一口に言っても、実は処方によって生薬の量が違うことがあります。それぞれの特徴について確認しておきましょう。

防風通聖散、どのタイプを選ぶ?

満量処方

満量処方は、定められた生薬の量をすべて漢方薬の中に取り入れたもので漢方の効果がより最大限に発揮されます。効果は期待できますが、1/2処方や2/3処方よりも価格が高めです。

2/3処方

2/3処方の場合は、正薬の量が記載の通り生薬の量が2/3しか含まれません。効果は満量処方より落ちますが、価格が安いため続けていきやすいのが特徴です。2/3処方以外にも、もう少し生薬の量が少ない1/2処方などもあります。

サプリ

体に優しい方剤です

防風通聖散は主に肥満症の方に効果のあるものです。様々な効能があり、体を冷やしてくれる、体の水の巡りを良くしてくれる、排便を促してくれるということが挙げられます。肥満症は体に大きな影響を及ぼしてしまうので、これらの効果を得られるということは、すなわち健康にも繋がります。肥満症と一言で言っても原因はいくつかあります。防風通聖散にも多くの種類があり、効能が違ってきます。まずはご自分がどのタイプの肥満症なのかを知り、より効果のある方剤を選ぶことが肥満症から解放される近道となります。

気を付けてほしい点です

防風通聖散は生薬からできていて、体に優しい成分で作られています。ですが、体が丈夫な方むけの一面があります。体が弱い方や、持病があって服薬していらっしゃる方は医師に相談された方が良いと推察されます。方剤を服用する際には食前か食間が効果的です。通常、薬を服用するタイミングは食後が多いかと考えられますが、効果的な時間帯でぜひ服用して頂きたく存じます。少し苦みが苦手な方がいらっしゃったら、顆粒を選び、お湯で溶かして飲まれることをお勧めしたいです。

会社で特徴が違います

防風通聖散は製薬会社ごとに効能が違ってきます。例えば便秘がちで腹部に脂肪がついてしまった方向けに作られた製薬会社のもの、高血圧や肩こりの症状をお持ちの方向けに作られた製薬会社のもの等、製薬会社によっても特徴があります。選ばれる際は成分や効能をよくお読みになって選んで頂きたいです。

広告募集中