気になってしまうセルライト…予防のためのアドバイス!|Beauty Care
HOME>Topics>気になってしまうセルライト…予防のためのアドバイス!

なぜできてしまうのか

年齢を重ねるとほとんどに人に現れるという「セルライト」は、お腹や太もも、お尻などに出てくる困りものです。90%の人が悩まされるといわれているセルライト。それだけ多くの人を悩ませるセルライトなのに、これといった改善方法もなく、はっきりとした原因も発見されていないのが現状です。セルライトができてしまう原因といわれているものには、遺伝によるもの、食生活や生活習慣、リンパ節のむくみ、加齢などがあげられています。脂肪が多いのが原因と言われる人も多いですが、実はセルライトとは、増えてしまった皮下脂肪で細胞組織が肥大化し、リンパ管などを圧迫することでできてしまうのです。

脂肪や加齢だけじゃない

皮下脂肪が多いだけがセルライトの原因ではありません。実際、痩せている人にもセルライトは現れます。運動不足や、偏った食生活、冷えなどによる血行不良などによってリンパ節がむくみ、それによりリンパの流れが滞り、セルライトができる原因をつくっているというわけです。加齢が原因ともいわれますが、実際は20代でもセルライトは発現よりします。実際、セルライトには老化現象のイメージがありますが、それは加齢により肌のはりが無くなり、たるみが生じることでより目立つようになる、というのが本当のところのようです。

解消方法はあるか

出来てしまったセルライト、どうしたらなかったことになるのでしょうか。実は、一度できてしまったセルライトを、完全に消滅させる方法はまだ見つかってないそうです。しかし、セルライトを目立たなくするケアや、予防方法はあります。出来てしまったセルライトを目立たなくするには、肌のたるみを抑え、はりを保つ事で目立ちにくくすることができます。エステなどに通うのもいいですし、自宅でマッサージなどをすることも、もちろん有効です。食生活や生活習慣を改善することも必要です。肌のはりを保つためにも、セルライト予防にも大きく関係があります。ではその改善策をみていきましょう。

未然に防ごう

セルライトの予防法は、いくつかありますが、ここでは代表的なものをみていきましょう。適度な運動・ストレスをためない・野菜をしっかり摂り、バランスの良い食事・体を冷やさない・リンパマッサージをする。これらのことを日頃から心掛けて、セルライトを予防しましょう。適度な運動は血液の流れをよくし、肥満防止にもつながります。健康食品などもうまく取り入れながら、いつまでも若々しく元気に過ごしたいものです。

広告募集中